乾燥肌だと皮脂の分泌が少ないので、ニキビができづらいイメージが強いですよね? しかし、実際は、乾燥肌の人こそ、ニキビに注意しないといけません。 では、どうして乾燥肌の人もニキビになりやすいのでしょうか。 そもそもニキビができる原因は、皮脂による毛穴の詰まりなので、オイリー肌の人はとてもできやすいです。 一方、乾燥肌の場合、皮脂が少ないため毛穴が詰まりづらいように感じますが、そうではなく肌が乾燥すると毛穴が細くなってしまいます。 毛穴が細くなるとちょっとした皮脂でも詰まってしまうので、ニキビができやすくなるのです。 また、肌は乾燥しそうになると皮脂を分泌して潤そうとするのですが、あまりにも肌が乾燥していると過剰に皮脂が分泌されます。 その過剰分泌された皮脂が毛穴を詰まらせて、ニキビを発生させることもあります。 乾燥肌になるとこのようなことが起こってしまうため、ニキビができやすい肌状態になってしまうと思ってください。 乾燥肌だからといって、ニキビは心配しなくてもいいとは思わないようにしましょう。